目的

  1. 自然環境破壊、国土荒廃の耕作放棄地を復元する
  2. 食糧不足・食糧輸入ストップに備える
  3. 新しい農林業経営システムを確立し、後継者を育成する