方針

  1. 高付加価値化 生産性の向上をはかる。
  2. 農を6次産業化し川上から川下までをコントロール
  3. ビッグデータ活用のスマート工場を建設し、最適時出荷管理を行う
  4. 無人式自動生産管理により製造プロセスの垂直統合を行う
  5. 地産地消をめざす多品種少量生産方式によりリスク管理のバランスをはかる
  6. グリーンツーリズム(体験型、滞留型観光)とのドッキングを行う
  7. 新しい企業間のネットワークバリューチェーン構築をめざす(全国規模からアグリカルチュラルインターネット世界へのネット構築)
  8. 若者の新規大量採用により新分野誕生をめざす(新リクルート方式確立)
  9. 有機農業への転換をめざす(新工場建設)
  10. 新しいまちむらづくり、新幹線効果を生かすマネージメント